スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心に響いてくる一転語

家の至る所にある、あちこちの精舎で買った日めくりカレンダー、


その数、なんと15個!


その時の自分の心境で、心に響いてくる一転語があり、


その言葉が出てくる書籍を、読み返してみたりします (*^_^*)


最近響いた言葉は・・・、


「 見返りを求めたときに愛は死ぬ 」


書籍 『 人を愛し、人を生かし、人をゆるせ。 』 の中の言葉でした。


早速本を読んでみました。P38~です。

………………………

何かよいことをしたとしても、


同じだけの結果、あるいは、それ以上の結果を期待してなされたときには、


その行為は必ず帳消しになるのです。


なぜ「見返りを求めるな」と言っているかといえば、


与えた愛はその人のものになるからです。


これが人間の心を貫く偉大な法則です。


生きているうちに、このことだけでも知っておくことが大事です。

………………………

「 あの人のために 」 という純粋な思いや行為においては、


その思いや行為を発した瞬間、


霊的に見ると、その人の頭に後光 ( オーラ ) がパッとさしています。


その後光は、与えられたもの、天上界から投げかけられたものです。


自分の目には見えないかもしれませんが、


霊的には確かに光が出ているのです。

……………………

自分がなした愛が、愛自体で次なる仕事をしていくのです。


あなたがある人に愛を与えると、


与えれた人は、あなたがまったく見も知らぬ人のために愛の行為をします。


このような愛は次から次へと移っていき、


独立をして仕事をしていくものなのです。

………………………


自分の心をもっともっと純化して、


純粋な愛を与えられる女性になりたいです。


子どもに対しても、主人にたいしても、


私の縁ある人たちに対しても、


純粋な愛を与え続けていける女性になりたいです (*^_^*)




一日一回!クリックしてね (*^0^*)/



にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

愛の風

見返りを求めぬ愛は、エーゲの風のようなものであると教えられていますが、エーゲ海には行ったことがないので、五月のそよ風のようなものかと理解しています。

今日は仕事から帰る時そのような愛の風を感じました。

自分は、時々、車の給油の後、燃料タンクのふたを閉めるのを忘れてしまうのですが、今日も・・・。 後ろから来たドライバーが、窓を開けて手を振って何かを注意してくれるので、窓を開けたら、言っている言葉はよくわからなかったのですが、ふたが開いているいつものヘマだとすぐにわかって、大声でお礼を言いました。

私の声は聞こえなかったかもしれませんが、お礼の気持ちは通じて、瞬間、すがすがしい思いが互いの間に感じられました。

小さな親切というものは、だれもができそうでできない、純粋な愛の実践ではないかと思います。

小さいけど純粋な愛をたくさん実践すれば・・・世界は・・・happy!

すごい数ですね。全部違う精舎ですか?

yagisitaさんへ

意外!?yagisitaさんも、結構うっかりミスあるのですね!
私は、セルフ給油所で、プリペードカードの取り忘れが二回ほどありました

ほんとにそうですね!
純粋な愛の実践が、世界をユートピアにしていくと思います。まずは自分自身からですね!
コメント嬉しかったです。ありがとうございます

けんさんへ

毎日めくるのだけでも大変だったりします
私の行ったことある精舎の数、数えましたら、八ヵ所でした。同じ精舎で何種類かの、日めくりカレンダーがあったり、主人が買ってきたものもあると思います。
なかなか、じっくり書籍を読む時間がとれなかったりしますので、日めくりカレンダーは良いですよ!
プロフィール

まりこ

Author:まりこ
HSU1 のぞみ(女)・短大1みのり(女)
高2 せいや(男)・中3ひかり(女)の4人のママです。

みのり・せいやは、数年間学校へ行かずホームエデュケーションを経験しました。

幸福の科学信者歴27年、
大川隆法総裁の説かれる仏法真理を心の指針とし、

自分自身の愛の器を広げ、
全世界をユートピアにするために私のできること、

爽やかにやり続けていきたいと本気で思っています (*^^*)

日々のわくわく感を楽しみながら、色々な方とのつながりを楽しみながら…毎日を過ごしています(*^0^*)ノ




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 幸福の科学へ


☆不登校を悩む方へ…

子供が輝く、その子に合った教育の方法を選びましょう。

かなり少数派ですが、
一時期、ホームエデュケーション(家庭を拠点におく教育)が向いている子もいます。

学校へ行けないのではなく、
学校に行かない選択をすることで、子どもの持っている才能が開花していきます(*^_^*)

最新記事
最新コメント
FC2カウンター

現在の閲覧者数:
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ツイッター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。